22-05-09-13-35-43-853_photo

5月17日(火)の
第7回レポートをご報告します。今回は口頭弁論当日までのやり取りも含めてお伝えします。

***********

【第7回口頭弁論までのやり取り】

前回の裁判後、被告(豊洲町会)から、「原告渡辺氏が町会員ではない」という主張が出ました。

それに対して、原告側から反論の証拠として『町会50周年記念誌に記載されていた会員名簿』や、『平成19年からの定期総会議案書』などが裁判所に提出されました。

50周年記念誌会員名簿では、豊洲町会の会員は全て世帯ごとの個人会員となっており、被告が「町会員ではない」と主張する渡辺氏も会員名簿に載っていました。また、定期総会の議案書では、渡辺氏が町会員であるからこそ会計監査に選出され、責務を果たされてきたことが分かります。

渡辺氏が会員かどうかも把握できていないこと、また、商店街ブロック会員宛に『町会員として、個人か法人かのお問い合わせ』という文書が出されたこと、等から「町会は現在有効な会員名簿を管理していないのではないか?」との主張が原告からなされました。


ところが、その後被告側は、第7回の裁判前に「原告渡辺氏が会員ではな
い」という主張をする文書を出してきました!長年町会員として活動してきた方を「町会員ではない」と言ったり、すぐ撤回したり、甚だ無責任ではないでしょうか?
                   撤回の書面はこちらから

***********

共同訴訟的補助参加人からは、第1回臨時総会の問題点の主張として
▼新々会則は欠席の定義や白紙委任の効果が不明確だった
▼第1回臨時総会のもとになる会則について
▼旧会則復活と議決権行使数の追加報告に矛盾と疑問が生じる
などが出されていました。


原告側からの主張としては、
▼昨年7月18日(日)に開催予定だった第1回臨時総会の議案書配布が遅れたうえに、町会事務所が9月12日まで閉鎖され、総会や各種祝い金についての問い合わせもできず町会員が混乱していたのに町会から何の対応もなされなかったこと
▼昨年5月に開催された第71回定期総会で「新々会則に改正した」と町会が主張していたことから、昨年11月に開催された第1回臨時総会も当然「新々会則」で行われると考えられ、出席者が定足数を満たさず流会であるべきところ、当日になって「今回は定足数がない旧会則で行います」と宣言されたこと
その他の問題提起がなされていました。詳しくは提出された文書をお読みください。

町会への加入状況について
プライヴブルー東京以外のマンションはマンション管理組合規約で「強制加入状態」となっており、本来は総会議案書の議題についてマンション管理組合としても慎重な議論が必要であるにも関わらず、議案書配布が遅れたことでその時間が足りなかったことも問題とされています。

町会に加入するマンション管理組合規約の状況については、マンションにお住いの町会員の皆さんの管理費にも直結し、興味のあるところだと思いますので、また別の投稿で取り上げる予定です。

***********

【第7回口頭弁論期日】
前回の第6回裁判で「裁判所から原告・被告双方の主張をまとめた一覧表が作られた」と報告しましたが、本日の裁判でも、引き続き双方の主張一覧表が配られました。今後は、その一覧表の確認や補充を行い、次回は原告側の主張を中心に主張整理をして行くという話になりました。


次回の裁判は

2022年7月12日(火)
午前10時30分 610号法廷です。

お時間と興味のある方、ぜひ傍聴にいらっしゃいませんか?
豊洲から有楽町線で「桜田門駅」5番出口から徒歩約3分です。

https://www.courts.go.jp/tokyo/about/syozai/tokyotisai/index.html